同人誌業界で生き残るための食生活

同人誌業界で生き残るためには何が重要かとある有名同人作家がインタビューをうけていた。

その同人作家が答えた返答は、食生活がすべてだという答えだった。

よく話を聞いてみるとその同人作家は朝からボクサーなみの計算された食生活をとっているという話だ。

不健康の極みと思われている同人誌の世界も健康な肉体がなければ生き残れないということかと感心してしまった。

確かに、新しいものを生み出す力や常にいい作品を制作し続ける能力などは健康な肉体がなければまず実現不可能だ。

だから、同人誌などは才能×健康という数式があてはまるのだと思う。

今同人誌業界で売れている同人サークルのヨールキ・パールキなどが制作しているマニア向けの同人作品は、ここ3年もの間、ずっと人気になっている。こういうマニア分野の同人誌のヒット作を生み続ける能力にしてもしっかりとした食生活が基礎になっているのだと思う。

気のせいかアダルト同人誌はヒットを飛ばす同人作家は地方出身の人が多いと思う。

都市部よりも地方出身の人の方が今の若者の間でははるかにいい食生活をしている。

このインターネットの時代、地方で同人誌を制作して全国にむけてインターネット配信することもできる。

だから、ますます、地方出身の同人サークルがこれからヒット作を連発すると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です