新しい時代の食生活

現代のサラリーマンは強烈に忙しい。統計によると、日本の就労人口の約20%にあたる人たちがワーキングプアだというデータがある。

つまり、働いている人の5人に1人が、貧困状態にあるということだ。

だから、今のスーパーにはレトルト食品がうず高く積まれている。安いはやいが売りのレトルト食品だが、健康面で見るととても、人に進められる食品ではない。

しかし、夜の10時ぐらいまで働く独身男性などは、手料理する暇などない。

こういう今の若者の食生活は、何年後かに、大きな社会問題になることが予想される。

この食生活に対する対策として、国が何かやればいいと思うが、防衛予算を倍にするなどという声が聞こえてくる現状では対策を打つにも予算がないだろう。

そうすると民間のことは民間で、などと、自分でどうにかしろと、国は言うに違いない。もし、レトルト食品での食生活が、原因で、病気になっても国は知らんぷりをするに違いない。

そんなワーキングプアの特に女性たちの強力な味方になっているのが、健康食品や手軽に美しさを維持できる女性用コスメだ。特に、今、人気になっている。若者向けの青汁や美白化粧品は、味や栄養素、値段、使い方などかなり、改善されたものになっている。

フルーツ青汁などは、たいへん女性に支持されていて、独身女性中心に大人気になっているしホスピピュアなどの美白化粧品も若い女性にたいへん支持されている。

これから、日本のあらゆるマーケットは、フルーツ青汁やホスピピュアのような、忙しいワーキングプア向け商品のようなものが中心になっていくと思う。

国もフルーツ青汁やホスピピュアのような商品を開発する優秀な会社に減税政策でも打てばいいと思う。